OVER DOWN vol.2

 Mimicの二階をどう使うか考えていた時、MANKIND RECORDSの仲間であるケイト・チャンポラが香川から山梨に遊びにくるという話がありました。これはチャンスだと思い、2階を使ってライブを開催してみようという事になりました。今回行ったOVER DOWNというイベントはMANKIND RECORDSのイベントで、今回で二回目。一時期レコーディングを勉強していた同じくMANKIND RECORDSのMOL9000も手伝いに来てくれる事になりました。イベントは10人限定という小規模なものであったけど、結果としては大成功だったと思います。

 前日にケイトが訪れ、一緒に会場の準備をしました。とりあえずまだ工事も何もしていない状態で、余った材料置き場として利用していました。片付けたら、まあまあ綺麗な状態という程度のこれといって特徴の無い部屋なので、とりあえず、余った材料を逆に散らかして、それっぽい空間を作ろうという事になりました。

ケイトがリハーサルをしている最中に、僕と篠君で散らかしました。照明もいい感じになり、あえて脚立なども機材スタンドとして利用し、とても面白い空間が生まれました。

 当日は蒸し暑い部屋に18人が入りました。まずは僕がLAMAZEとして演奏しました。その後ケイトの演奏が始まりました。ケイトの演奏を聴くのは一年半ぶりだったと思います。とても静かで力強く、言葉では言い表す事が難しいけど、とにかく最高に感動しました。美しかった。

 エアコンが全く役にたってないんじゃないかって感じに暑いんだけど、それでもとても心地よい夏休み感を僕は感じました。今回、実験的に、ここでイベントができるかという事にチャレンジしましたが、課題は残るものの「可能である」という答えにたどり着きました。ここは、またこういうイベントが出来るスペースとして考えていこうと思います!